トップ

フェイスリフト小顔整形

フェイスリフト施術方法

フェイスリフトの切開方法の種類

加齢によって、顔の皮膚がハリを失い、顔全体にたるみができてしまったり、シワやほうれい線が深くなってしまったりして悩んでいる方は多いかと思います。顔の皮膚からハリが失われると、顔全体のシルエットが膨らんできてしまい、顔全体が大きく見えてしまうということにもなってしまいますね。

顔がたるんできてしまっている方が若いころのようなハリのある肌を取り戻し、より小顔に見せるためには、フェイスリフトが最も効果的です。フェイスリフトには大きく分けて2つの種類があり、それぞれ施術の方法が全く異なるものとなっています。フェイスリフトで小顔整形がしたいならこちら。

まずは、手術という形式で皮膚を切開し、皮膚を内側から引っ張り上げる、いわゆる「切る」タイプのフェイスリフトです。1回の施術で確実に効果があり、顔の印象が若々しく変化します。後述する「切らない」フェイスリフトに比べて、より確実な効果を期待できるのはこちらのタイプでしょう。

「切る」フェイスリフトには施術方法によって、顔の中で表情筋の集まっている場所である「SMAS(表在性筋膜群)」を持ち上げる形式のSMAS法や、顔の皮膚を骨に固定している靭帯である「リガメント」を切り離し、顔の皮膚を引っ張り上げてから切り離した靱帯を元に戻すリガメント法などにさらに細かく分けられます。

一方、「切らない」フェイスリフトは、医療用の特殊な糸を顔の皮膚下に埋め込み、皮膚を引っ張り上げる方法や、顔の皮膚にレーザー照射を行ってハリを取り戻す方法、美容注射を行ってハリを取り戻す方法などがあります。いずれも切開を伴わないという意味では手軽にできる方法ですが、効果に関しては切開する方法に比べるとゆるやかであり、「切る」フェイスリフトに比べると満足度に関しては劣ってしまうものになると言えるでしょう。

Copyright © フェイスリフト施術方法. All rights reserved.